介護リフォームについて

Q:ルーク広報部長

 

テンズロードリフォームさんでは、介護リフォームを大々的に行っているようですが、代表の西村さん、このリフォームへの想いについてお聞かせいただけますか?

 

 

A :西村

 はい。介護リフォームに関しては、お客様の悩みを、住宅の観点から最大限解消できるようにと心がけています。

というのも、日常的な小さなストレスは、365日ストレスです。すこしの我慢は大きな負担になります。

日々、寝起きする場所でのストレスは、なるべく解消したほうがいいんです。

 

ちょっとした段差の解消、

ちょっとした支え、

その『ちょっとした』が重要です。

 

 介護リフォームは、生活の負担を感じる、一歩手前の予防として考えていただけると、嬉しいです。

 

まだ、なんとか使えているからいい。

まだ、身体の無理がきくからいい。

という段階での工事をお勧めします。

 

我慢はしないでください。

 

無理なく、負担なく、快適な暮らしを送れることが、一番の健康だと考えているからです。

 

 実際、リフォームで暮らしやすくなると、お客さまの表情がどんどん明るくなるんですよ。

リフォームをしたことで、何が不便だったのか、どこが負担だったか、具体的に気付けたなんて方も意外と多いんです。

 

ちょっと手すりを付けただけで、日常の生活が活力に変わる。

生活が楽しくなる。生活に自信がつくと、笑顔が湧いてくる。

その笑顔が、ご家族皆様の喜びと安心にもなりますし、わたしも随分と元気をいただいております。

 

 当社は、横浜市の受領委任払い取扱事業者です。

(介護保険を利用して、上限額20万円の1割、もしくは2割で、リフォームが行える制度。それを委任できる事業者)

補助金(助成金)を活用すれば、金銭的負担は最小限に抑えられます。

また、工事にご不安がある方でしても、お一人お一人のお宅に、わたくしがお伺いして、丁寧にお話しをさせていただいております。

もちろん、煩わしい書類作成や申請業務は当社が代行いたします。

 

つまり、利用者さまやご家族の方には、不必要な心配やお手間はおかけしたくないんです。

 

日々の不便や負担を感じて、リフォームをされるのですから、それ以外のストレスまで負っていただきたくはありません。

 

当社で、リフォームをしていただけるお客様には、リフォーム工事後の、

『生活の喜びを知っていただくこと』

それをだけを、楽しみにしていただきたい。

 

テンズロードリフォームでは、この介護リフォームの制度を、皆さんに知っていただき、活用していただこうと、

地道に努めていきますよ。

 

ページ上部へ戻る