福祉用具専門相談員

介護リフォームのお客様に、より具体的、手厚いサービスができるようにと、福祉用具専門相談員の資格をとりに、横浜の教室へ通っています。(2017年7月30日取得)

ご利用者さまの自立支援を目的とした、とても奥が深い職務です。

 

『福祉用具専門相談員とは』

介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられている専門職です。他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートします。

(主な業務)

選定相談 ご利用者の心身の状態や使用環境などから、福祉用具で解決できることを一緒に考え、一人ひとりにあった福祉用具を選ぶお手伝いをします。
計画作成 相談内容にもとづき、福祉用具の利用計画(福祉用具サービス計画)を立てます。
適合・取扱説明 ご利用者のからだの状態や使用環境に合わせ、福祉用具の調整をおこないます。また、福祉用具を安全かつ有効に使っていただけるよう、取り扱いについて説明します。
訪問確認(モニタリング) 定期的にご利用者宅を訪問し、福祉用具の点検や使用状況の確認などをおこないます。

※全国福祉用具専門相談員協会HPを参照しています。