高齢者のための介護リフォーム

「ご存知でしたか?!

あなたの介護保険が、ご自宅のリフォームに活用できます!」

☆補助金(助成金)を活用したバリアフリー工事のおススメ!

要支援・要介護と認定されているなら、介護保険を利用して、こんなお悩みを解消できます。

 

・高齢の父がいる娘さん

「実家の階段は急だから、最近、膝が弱ってきた父が気がかり…

お風呂にも段差があるし、床も滑らないか心配だわ。」

 

・腰痛に悩むAさん

「腰が痛むなぁ…

うちの玄関やトイレに、ちょっとした手すりがあれば楽なのだけど…」

 

・自宅で暮らしていきたいBさん

「病気の後遺症で麻痺があるけれど、施設はちょっと…

住み慣れた自宅でずっと暮らしていきたい。

でも、リフォームするにはたくさんお金がかかるし…

どうにか子供たちにも負担はかけずに、生活を送りたいわ。」

 

これらのお悩みは…

 

 ☆高齢者住宅改修費用助成制度☆ で解消できます。

介護保険が、一人最大18万円まで(上限額20万円の9割)が支給されます。

※平成27年8月以降は、一定以上の所得(本人の合計所得金額が160万円以上等)がある場合は、利用者負担が2割になります。

 

 助成金対象リフォーム

☆手すり取付

☆段差の解消・スロープ設置など

☆滑り防止・畳からフローリングなどへの変更

☆引き戸などの扉の取り換え

☆便器の取り換え

 

又、介護保険で適用にならなかった工事や、上限20万円を超えた部分のリフォームも、

住環境整備事業※地域によって異なります。をうけられる場合があります。

 

ご自宅のリフォームに「高齢者住宅改修費用助成制度」を活用しましょう。

当社は、横浜市の受領委任払い登録事業者です。

横浜市にお住いの方が当社でリフォーム工事をしていただいた場合、

はじめから工事費用(介護保険支給上限額の20万円の1割※2割)のご負担で、煩わしい、申請お手続きは当社でさせていただきます。

 

詳しくは、 横浜市福祉局ホームページ をご参照ください。

 

 

関連商品

  1. お客様からいただいたご感想

    リフォーム事例や、お客様からいただいたご感想をご紹介しています。

ページ上部へ戻る